読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sadaijin_nanigashiの日記

虚無からの投壜通信

日々のあれやこれやをいろいろと。

とある音楽家の肖像

Facebookで小児右翼丸出しの発言を続けている、自称音楽家がいる。一応音楽で飯は食えているらしいので、プロであることくらいは認めてやってもいいだろう。といってもクラシック畑の割にはライブハウスでの小規模ライブがメインなので、ソリストで客演するようなプロでは勿論ないし、オーケストラ等の団体のオーディションに受かるほどの技量や社会性があるわけでもないということは想像に難くない。

まー、その人、アマチュアを馬鹿にしまくるわけですよ。そりゃ例えば小生の師匠は小学生の時に24のカプリースをやったぜヘイと言ってきったない(褒め言葉)書き込みだらけの楽譜を見せてくれたことがあるくらいですし、有名プロオケの奏者というのは普通のアマチュアとは天と地ほどの実力の違いがあるのは認めないとならないですね、練習に割ける時間も違いますし。でもアマチュアを馬鹿にするなら、アマチュアへの指導で小銭を稼ぐとか絶対やっちゃダメだろう、ブーレーズがアマチュアとの関わりを一切持たなかったのと同じように。でもその人にはプロ志向ではないお弟子さんが居るらしい。あれ?

更に笑わせるのは、このお方が歴史プロパーに噛み付きまくるということです。少なくとも歴史分野について言えば、この音楽屋さんはアマチュアです。つまり彼の論理を適用すれば、自らは素人としておとなしく社会の片隅で小児右翼向けの愛国ポルノを読むべきなんですが、どうもそうではないらしい。自分の政治的立場と違うなら、「左翼」だのなんだのと理屈をつけて噛み付き、自分の知識の欠如を省みようともしない。

あの、そういうのってダブスタって言いませんか?そしてそれに自覚的になれないほど、自己認識が欠落しているのですか?

この音楽家様のWebサイトではおとなしくライブ情報だけを掲載しているらしいですが、歪んだ内面というのは往々にして表現にそれが表れるものです。私も他山の石として、気をつけつつ、こういう蒙昧に陥らないためにも日々勉強したいと思います。

広告を非表示にする