読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sadaijin_nanigashiの日記

虚無からの投壜通信

日々のあれやこれやをいろいろと。

高市早苗のビックリするほどの文化に対する無知

小児右翼観察日記

www.asahi.com

さて、記事によると、

「テロリスト集団が発信する思想に賛同してしまって、テロへの参加を呼び掛ける番組を流し続けた場合には、放送法第4条の『公安及び善良な風俗を害しないこと』に抵触する可能性がある」

だそうだが、世の中でよく知られた各種文学作品には実質的なテロ集団の話を扱った物が少なくないのはよく知られているところであろう。新撰組だって今日的な観点からすれば明らかなテロリスト集団だし、グラズノフの有名な交響詩「ステンカ・ラージン」は大規模な反政府蜂起という点では間違いなくテロリストだし、中国三大奇書のひとつ『水滸伝』だってテロリスト集団が山にこもって抵抗を続けた話だ。ガノタには有名なデラーズ紛争(デラーズ・フリートが地球にコロニー落としをした話)だってやったことははっきり言ってテロな上、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』ではデラーズフリート側に同情的なストーリーテリングがなされている。右翼の皆さんが大好きな三島由紀夫の最後の作品『豊穣の海』の第2部に出てくる飯沼勲は思想もやってることも厨二病こじらせ型のテロリストである。

更に言えば、赤穂浪士忠臣蔵)の話も法を無視して私怨の報復を行ったテロ行為である。そしてまさにそのゆえに江戸時代は赤穂事件は直接取り上げることが御法度だったわけで、だからこそ『仮名手本忠臣蔵』という翻案物が書かれ、大人気になったのだ。従って、高市の論法に従えば忠臣蔵はどっからどう見てもアウトで、法治国家の基本を為す罪刑法定主義を真っ向から否定する話である。だから、高市がこんなことを言うなら、まずは赤穂事件を直接扱った忠臣蔵そのものを放送禁止にすることを宣言することから始めるのがスジである。

だが、高市はそんなことには言及しないらしい。恐らくは自分に刃向かうものをすべてテロとレッテル貼りをし、その発言を全て封じ込めたいというのが彼女の足りない脳味噌に充溢した思想だろう。

無論、その愚昧をもたらしている不寛容を徹底的に否定するのは必要な事であるし、彼女が泥に塗れて自らの無能と知能の低さを実感するまでは叩き続ける必要があるのは言うまでもない。けれども、より深刻なのは、上に述べたような文化的パースペクティブを全く視野に入れられない程度の頭の悪い無教養な人間が国民の代表ヅラをして権勢を振るっていることではないのか。安倍も、麻生も、その他安倍の取り巻き連中に共通するこのような文化的素養の徹底的な欠如は、政治家の水準が国民の平均的水準以上には決してならない以上、我々自身が文化的素養のない人々にどう向き合うかという問題を提起せずにはおかないのだ。