読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sadaijin_nanigashiの日記

虚無からの投壜通信

日々のあれやこれやをいろいろと。

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを買ったヽ(´ー`)ノ

f:id:sadaijin_nanigashi:20160211230816j:plain

フルサイズ判のD750に移行して半年が経ちました。

広角端は期待通りちゃんと広く、14-24mmF2.8も性能通りの広々高画質で幸せなのだが、その反動として望遠での撮影に困るようになってしまった。一応DX Nikkor 18-200mmF3.5-5.6VR(初代)は持っているのですが、DXフォーマット用レンズであることに加え、24-70mmF2.8(旧型)を普段から使っている身としては色収差もさることながら、解像感の甘さなどの点で画質に強い不満を抱く場面が少なくないのですね。飲み会とかのカジュアルな場面に持ってく分には軽いしVRもあるしなので、50mmF1.4(旧型)みたいな単焦点レンズをもうひとつ持って行けば充分なのですが、飛行機とかを撮る時にはやはりそれなりの望遠レンズが欲しくなってしまったという次第です。

そんなわけで、去年の暮れあたりからシグマの150-600mmSportsとAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRのどちらにするかを結構迷っていたのですが、前者はAF精度と速度の甘さが気になるのと、USB Dockで色々とカスタマイズしないと本来の性能が引き出せないという問題、及びリセールバリューが気になり、このレンズにすることにしました。きっかけとしては、会社の先輩の演奏会での撮影というのがあるけれども、それは最後の一押しに過ぎないので、まあ望遠が揃って良かった良かったという次第です(本当は70-200mmF2.8VRIIがまだ残っているので、それは来年以降の購入になると思います)。ちなみに、70-300mmというクラシックレンズはさすがに設計などが古すぎて最初に候補から外しました。設計面では枯れたレンズなので、硝材などが進歩するなどすればもっと良くなるのでしょうけど。

で、届いたので写真撮ってみました。でけえ!

後玉のレンズキャップからレンズ先端までの距離はおよそ30cm、フィルター径は95mm、重さは三脚座込みで2300g! ボディにつけると3100g強となり、生まれたての赤ちゃんの体重とあまり変わりません。世のお母さん方は偉いなあ……

f:id:sadaijin_nanigashi:20160211230803j:plain
D750 / AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR / F5.6 / 1/250秒 / 500mm / ISO100 / 絞り優先

練習がてら手持ちであちこち近所でフラフラと撮ってみましたが、正直、1時間も使っていると腕や首が疲れてきます。一日持ち歩く時には、一脚か三脚ないと筋肉痛とかがお待ちかねになります。

画質は、テレ端でも開放から周辺減光も少なく、良好な画質です。さすがに金環レンズのような解像感と色乗りはないのですが、解像感自体はF8あたりまで絞るとかなり改善されます。無論、その分シャッタースピードを遅くするか感度を上げないといけないので、低感度で良好な画質を得たい場合にはやはり一脚か三脚の使用が必須となるかと思います。

飛行機とか電車などの圧縮効果を活かせるものを撮りに行ったら、また掲載したいと思います。