読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sadaijin_nanigashiの日記

虚無からの投壜通信

日々のあれやこれやをいろいろと。

D750で夜フラフラと

お買い物 D750

というわけで、高感度性能のテストも兼ねて、夜あちこちをフラフラと歩いて回ってきました。

f:id:sadaijin_nanigashi:20150830214808j:plain

D750 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G / F2.8 / 1/80秒 / 44mm/ ISO2500 / 絞り優先 / Lightroom 5.7にて現像

従来機種では黄色に転びやすいと言われていたホワイトバランス。実際ポートレイトなどをAdobeRGBのカラースペースで撮影すると「何じゃこの黄色いのは?」と思うことも少なくなく、現像ソフトでカラーコレクションをせざるを得なかったのだが、D750ではかなり改善されていると思う。

上の写真の照明は白熱灯ベースだが、周囲の明かりには当然蛍光灯などもあり、絶対的な光量も少なく撮影条件としてはかなり厳しい。現像に当たっては暖色を削るために若干色温度を下げて現像しているが、元の段階の色合いは見た目に相当近い。

f:id:sadaijin_nanigashi:20150830214741j:plain

D750 / AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G / F4.0 / 1/60秒 / 31mm/ ISO8000 / 絞り優先 / JPEG撮って出し

高感度域の耐性を調べるためにISO8000というかなり無茶苦茶な高感度で撮影。等倍で確認するとそれなりにノイズが乗っているのだが、普通に使う分には全く分からず精細感も色味も維持されている。また、混合光&低光量というかなり厳しい条件であるにもかかわらず、キッチリとピントが合焦している(ハンドルの中心部にピントを合わせてます)のが驚き。

合計で140枚ほど撮って、手ブレがなくてセレクションの俎上に載ったのは大体100枚程度。以前使っていたD300では常用感度上限がISO1600だったので、夜間の撮影は三脚無しには成り立たず、機動力が大きくそがれていた。それが本体と交換レンズのみ(とケーブルレリーズなどの小物)でまかなえるという差は大きい。

あとはスピードライトとの組み合わせによる作例とかなのだけれど、それはまたSB-910を調達してからご報告します。

広告を非表示にする