sadaijin_nanigashiの日記

虚無からの投壜通信

日々のあれやこれやをいろいろと。

アイ・オー・データ機器の製品は二度と買わないし、買わないことを強く推奨する

10月の下旬に4K環境を試験的に構築する必要があり、アイ・オー・データ機器LCD-M4K282XB (http://www.iodata.jp/product/lcd/wide/lcd-m4k282xb/) を購入しました。TN液晶なんで画質とかはイマイチですが、どうせ仕事で使う以上せいぜいExcelくらいしか使わないし、値段もそれなりに安いので選んだという次第です。

ところが1ヶ月後に見事に壊れました。HDMI端子がひとつずつ壊れていって、3つある端子が2日のうちに壊れました。長い時間使っていると挙動が不安定になってきて端子が死ぬので、恐らく端子回りのコンデンサの品質が悪いのではないかと推定されます。

まあ、そこまではありうることなので仕方ないです。ただ、問題なのは、このほぼ初期不良品と言ってもいいような代物をアイ・オー・データ機器の修理センターに送る時の送料は、発払い、つまりユーザーが負担するということです。例えば私は今回このディスプレイを送るのに1700円ほどクロネコヤマトに払いましたが、これは初めての経験です。他のベンダーの機器を保証期間中に修理依頼したことも沢山ありましたが、ほぼ全て着払いでした。サイズの大きい商品の場合、運送業者が事前調整の上引き取りに来てくれました。例えばEIZOのディスプレイがバックライトの設計問題で無償修理となったときは、サポートセンターに電話したところ日時を調整して引き取り修理でした。

このアイ・オー・データ機器の制度の何が問題かというと、例え保証期間中であろうと、ユーザーがその機器をアイ・オー・データ機器に送る場合は常にユーザーが負担を強いられるということです。それが心的障壁となり発送を断念させるということもアイオーデータが考えているのであれば、これは非常に姑息かつ悪質な施策であるといわざるを得ません。

アイ・オー・データ機器NASの性能も悪かったしメディアプレーヤーのAVEL Linkplayerもバグだらけで使い物にならなかったなど、まあひどい製品ばかり掴まされてた記憶しかないので、もう二度とアイ・オー・データ機器の製品を買うことはないと思いますし、知人友人が同社の製品を買おうとすることになったら、全力で引き止めたいと思います。無論、これをお読みの方にも、アイ・オー・データ機器の製品は買うべきではないと忠告申し上げる次第です。

ブレードランナー 2049を観てきました(思いっきりネタバレしてますので未見の方は読まないでください)

f:id:sadaijin_nanigashi:20171119214207j:plain

昨日、近所のシネコンにてブレードランナー2049を観てきました。予習として前日譚にあたる3本の短編は全部見てから当日に臨みました。

正直な感想を言うと、イマイチだなと思いました。独立した作品として評価しても、余り出来のいい作品とは思えません。お金がものすごい掛かっているのは分かるんですが。

まずい点を列挙するのは余り気が進まないのですが、まずやはり指摘しておくべきはストーリーが散漫で集中を欠くという点です。前作でカルト的人気の下地になった夢も希望もない公害で汚染されまくり&環境破壊で世界はメチャクチャという世界観を大事にしようとしすぎる余り、その世界観が表象していた現存在の悲惨という観点が抜け落ちていたように思われます。

そして、最大の問題は「人間が人間である本質とは何か」というこの作品のコアとなるテーマがストーリーに受肉していないということに尽きます。
無論、この問いに対する一応の答えは作中で語られるのですが、底が浅すぎて「おいおいそれじゃイスラム国のテロリストと変わらないやろ」とツッコミいれたくなるレベルのもので、これならピコ・デラ・ミランドラの『人間の尊厳について』を下敷きにしている『まおゆう』のメイド姉さんの演説の方が内容的には遥かに深いです。
どういうことかというと、「大義に殉じる」ための理念が崇高であるのは、それ自体として無条件に大義=理念が崇高だからではないということです。それに向かって個々の現実に生きる人間の無限の日々の努力が蓄積されていくからこそ、理念に向かって生きる人間はその意志の力を他の人々に示すわけです。その過程をすっ飛ばして「理念を持っているから我々は人間より偉い」という結論に飛びつくのは、いくら映画の中のお話としても乱暴すぎます。

そして、ドゥニ監督の人間観の底の浅さが露呈してしまっている代表的な場面が、囚われの身となったデッカードの前にレイチェル(の偽者)が登場するシーンです。「本物」のレイチェルは28年前に娘を出産して死んでるのですが、ネアンデル・ウォレス(彼の名前は現生人類に滅ぼされたネアンデルタール人を連想させ、それは新型レプリカントに人類が絶滅させられるであろうということを示唆している)が自分たちに味方した場合の褒賞として「復活」させてデッカードの前に登場させたレイチェルは、30年前のデッカードと初めて出会ったときのレイチェルなのです。

これは、ダメでしょ。

だって、デッカードはそこから28年間隠棲を続けており、レプリカントだけど年齢相応の老け方をしているわけです。だとすれば、再会を言祝ぐ相手は彼同様に老け込んだレイチェルでなければならない。そして2人は過ぎ去った年月のことの四方山話に花を咲かせ、再びどこかの人里離れた秘密の場所で静かな暮らしを送り、28年前に分かれた2人の時間を再びひとつのものとして進めることこそ、虚構とか本物であるとかのつまらない区分を超えての人間性の獲得あるいは回復になるはずなのです。レイチェルの28年分の四方山話の記憶は当然人工記憶になるでしょうが、パートナーと時を渡っていくというのは、そういうことです。離れていたにせよ、同じ時代として蓄積してきた時間の重みが、「人間」としてのこの世界への存在の痕跡を形成するのですから。単なる若いレイチェルを眺めたいなら、それこそ本作の主人公であるKの彼女であるジョイのように人工知能ARアバターにレイチェルのペルソナを移植すれば済む話であるのですから。

前作が映画史に残るダークSFの金字塔となったのにはいくつかの理由がありますが、そのうちで欠かすことのできないのは、やはり最後の場面でのロイ・バッテイ(ルトガー・ハウアー)の"Tears in rain"と呼ばれる詩情あふれる独白でしょう。この詩がもたらす圧倒的な余韻と感動は、同時にこの映画の核心に「人間とは何か」が明確に宿っていることを私達に残して行きます。本作では、このプロブレマティークを観客に叩き付ける「何か」が欠落していました。もしかすると今後のリテイクあるいはマイナーバージョンアップでこのあたりが変わっていくのかもしれませんが、今のままでは「ブレードランナー2049」は中途半端な作品だったと言わざるを得ません。

というわけで、最後に「まおゆう」のメイド姉さんの演説を一部引用しておきたいと思います。

私は、自信がありません。
「この身体の中には、卑しい農奴の血が流れているじゃないか」
「お前は所詮、虫けら同然の人間もどきじゃないか」と。

だからこそ、だとしても、私は、人間だと言い切らねばなりません。
なぜなら、自らをそう呼ぶことが、人間であることの最初の条件だと、私は思うからです。

(中略)

精霊さまはその奇跡を以って、人間に生命を与えてくださり、その大地の恵みを以って、財産を与えてくださり、その魂の欠片を以って、私達に自由を与えてくださいました。

― 自由?

そうです。
それは、よりよき行いをする自由、よりよきものになろうとする自由です。

精霊さまは完全なるよきものとして人間を作らずに、毎日少しずつ頑張るという自由を与えてくださいました。

それが、「喜び」だから。

だから、楽するために、手放したりしないで下さい。精霊さまの下さった贈り物は、たとえ王でも、たとえ教会であっても、侵すことのできない神聖な宝物なのです。

― 異端め!その口を閉じろ!

閉じません!私は人間です!

もう私は、その宝物を捨てたりしない!もう「虫」には戻らない!!

たとえその宝を持つのが、辛く、苦しくても、あの昏い微睡みには戻らない!

ミンシン 哀のうた

(;´Д`)♪

引っこ抜かれて ファシスト都知事について行く
今日も群れる、慌てる、落ちる、そして食べられる
ほったかされて、また会って、投げられて
でも私たち小池に従い尽くします

 

☆そろそろ分裂しちゃおうかな
そっと離党してみようかなーんて
嗚呼、嗚呼、あの党に
恋とか、しながら

 

いろんな派閥が生きているこの党で
今日も群れる、慌てる、落ちる、そして食べられる
引っこ抜かれて、集まって、飛ばされて
でも私たち一票くれとは言わないよ

 

☆くりかえし

 

力合わせず、戦って、食べられて
でも私たち小池に従い尽くします
立ち向かわず、黙って、ついてって
でも私たち公認くれとも言わないよ

広告を非表示にする

帯状疱疹をやりました

掲題の通り、帯状疱疹をやりました。

疱疹が出る部位は色々あるようですが、小生の場合は顔面という最悪の場所でした。帯状疱疹をやったことがある方ならご存じとは思いますが、この病気、刺すような猛烈な激痛が伴うのですね。というわけで顔面(の半分)が痛い痛い。一番ひどい時はろくすっぽ眠れずベッドでのたうち回ってました。余りの痛さに救急車を呼ぼうとも考えたのですが、とりあえず夜間診療をやっている区の病院が近所だったので自転車で駆けつけ、痛み止めを処方してもらってしのぎました。自分自身は痛みへの耐性は強いとは思いませんが、何はともあれかなり辛いです。本当は半月程度入院して徹底的な加療を受けたいのですが、仕事が一人親方的な要素が強いのでムリなのですねハイ。そりゃ強行突破して入院する手もありますけど、退院してきたらたぶんpink slipを突きつけられることになるでしょう。日本の中小企業なんてそんなものです。

そしてこの病気、発生機序としては飲酒やストレスなどによる免疫力の低下がトリガーになることが多いようです。私のことを大酒飲みだと誤解する人は多いのですが、実際には自宅でも滅多に晩酌などの酒は飲みませんし、外での飲酒機会は週1回あるかないかなので、平均的なサラリーマンよりかなりおとなしいです(そんなに飲んでたらお金がもったいない)。ということで原因はストレスなんですが、鬱病を患っていたこともあり小生はどうもストレスに弱いようで、他人からすれば比較的軽度のストレスでもあっさりぶっ倒れます。とりあえず寝てれば大体はストレス反応から回復できるので、本当に重度の鬱病で苦しんでいる人たちからすればまだマシな方ですが、それでもストレスに弱いことには変わりありません。孤独とかには全然ストレス感じないのですが。

では今回はどんなことがストレスになったのか。それを詳述することはしませんが、どうも小生が苦手とするストレッサーには一定のパターンがあることが明らかになっており、カウンセラーからもそういう人種との関わりはできる限り避けるように推奨されているのですが、小さい組織に運悪くそういう人が居た場合は百パーセント関わりを拒否するわけにも行かず、辛いところです。同じようなマインドセットの人はどう対応しているのか、知りたいところです。パニックディスオーダー向けの薬とか服用してしのぐのでしょうか。ううむ、向精神薬は副作用がひどいので避けたいのですけどね。ジェイゾロフトとか1ヶ月分で3000円くらいするので高いし。

ストレスのない生活というのは「金銭的に困らない生活」と同様あり得ないものなのですが、ストレッサーとできる限り関わらない生活を送るにはどうしたらいいのか、しばらく暗中模索の日々が続きそうです。

ひとを罰しようという衝動の強い人間たちには、なべて信頼を置くな!

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェツァラトゥストゥラはこう言った』)

それではみなさま、ごきげんよう

 

広告を非表示にする

裏も取れないダメ記者とそれを鵜呑みにする編プロのダメ担当

biz-journal.jp

いくつか致命的な間違いがある。以下指摘。
>同時発売のタイトルにも目玉になるものがなく、現在もそれ
>ほどレパートリーは増えていません。
ローンチタイトルの「サマーレッスン」と「Driveclub VR」は目玉とされたもので、2016年の東京ゲームショウでも体験ブースは3時間待ちだった。これが目玉でなければなに?


>PSVRの場合、初期出荷数200万台のうち、日本国内に出荷
>したのはわずか5万台程度
全くの嘘。
PSVRの2016年第4四半期(クリスマス商戦)での全世界の出荷台数は88万台で、うち日本への割り当ては10万台弱。2017年上半期までの国内累計出荷は20万台を超えている。そして世界での合計出荷台数は200万台にまだ到達していない。嘘だと思うならサムスンSDIとか半導体メーカーに取材して訊いてみろ。


>ガンガン売り切ってブームを完全に終了させるよりは、小出
>しにしながら、なんとか発売当初の話題性を存続させたいか
>らでしょう
嘘。
PSVRの出荷が伸び悩んでいるのはOLEDパネルの調達が思ったより大変なのと、1枚のパネルで無理やり目玉二つ分の画面を構築する製造難易度の問題が解決していないから。当初の出荷計画では2016年のクリスマス商戦で200万台を一気に出し、今年の上半期までで400万台を出荷する予定だった。このあたりは半導体メーカーにインタビューすればすぐ教えてくれる話。

もう少し裏を取ってから記事書こうよ……
ゲームラボ自体が休刊になって死んだ雑誌ではあるのだけど、エビデンスベーストの記事すら書けないダメ担当は記者気取りをするのを諦めた方がいいよ。

ル・スコアール管弦楽団第42回演奏会に参加しました

f:id:sadaijin_nanigashi:20170828221116j:plain

演奏会の直後に長い出張があったりして、アップするのが遅れました。

7/1(土)にすみだトリフォニーホールで行われたル・スコアール管弦楽団第42回演奏会に参加しました。曲目は以下の通りです。

ストラヴィンスキー火の鳥(1910年版)
ニールセン/交響曲第4番「不滅」
指揮: 田部井 剛

普通の演奏会ならメインを飾る曲目ダブルという体力勝負なプログラムです。おまけに難易度も無茶苦茶に高いです。とくにストラヴィンスキー。なんで1919年版にしないのよ(涙)。しかも死ぬほど苦労して弾いても大体は金管木管に美味しいところを全部持ってかれるのでカタルシスゼロというつらさ……。ニールセンの交響曲第4番もいわゆる楽章間休憩がなく40分強ほぼ全力で弾きっぱなし、しかもあちこちに複調とかのややこしい落とし穴パッセージがてんこ盛りという集中力も同時に要求される修羅場プログラムでした。

正直、当日は集中力と気合いで何とか乗り切った感が個人的にはあります。自分にもうちょっと技術的余裕があれば火の鳥はアンサンブルの妙を楽しむこともできたでしょうし、不滅はパワー全開の悦楽に浸れたと思うのですが、諸般の事情(飲み過ぎとかそういうのではない)で体力に無意識のリミッターが掛かっていて外れない状態にあるため、いわゆるゾーンに入っての演奏ができなかったのが悔やまれます。全体としての演奏そのものはきっちりギチギチに仕上がったいい演奏だったとは思うのですが……

そんなこともあり疲労困憊の極みで体がいうことを聞かない為体でしたので、打ち上げは一次会で早々に撤退してきたのでした。次々回は過去にやったことのある曲目があるので、もう少しメインの曲の練習に集中できるかなと思いたいです。反省。

オーケストラ・ダヴァーイ 第11回演奏会に出ました

f:id:sadaijin_nanigashi:20170826002452j:plain

8/20はオーケストラ・ダヴァーイの演奏会@府中の森芸術劇場でした。遠いよ東府中……準特急止まらないし、そもそも京王線の路線図って仏語の師匠の住んでる京王永山に行くルート以外よく分からないし。

で、今回はこの前のダスビで補助線だらけの音符に大苦戦したことの反省を踏まえ、高音域のリハビリも兼ねて久しぶりに1stVnで今回参加したのですが、なんじゃこりゃー!というくらいの難曲だらけで泣きました。いずれもいい曲なんですけど、プロコフィエフ交響曲第6番はそもそも音程に対する要求がシビアな上に調がフラットだらけで第一楽章は変ホ短調という弦セクション殺しの辛い辛い曲でした。イスラメイは原曲がピアニストいじめとして知られるハイパー難曲で、オーケストラ版はそれをとりあえず分解しましたという感じではあるのですが、やっぱりヴァイオリンのフィンガリングには優しくない難曲で、さらってもさらっても弾けないところが出てくるという有様でした。何回泣いたか……

で、本番。うん、石田組長のソロ@ハチャコンはものすげーハラショーでした。第2楽章の中央アジアの寂寥感全開のメロディーでは泣きそうになりましたし、第3楽章の中頃、ソロとフルートの掛け合いになるところはこれは夢なんじゃないかと感じられるほどの高揚感がありました。この曲を知ったのは25年くらい前なんですが、オケでやりたいやりたいという念願が叶って、小生としては言葉がありません。

プロコの6番は今回の参加で初めて真面目に聞いたのですが、第2次大戦の惨禍とそれでも人間に寄せる希望を苦しみながら描いた名曲だと今では感じます。砲弾によって殺される人々の鮮血や飛び散る肉片すら想像させる第1楽章、次いでその中で恩寵のように訪れる人間の尊厳を謳った第2楽章、そしてフラッシュバックする惨劇の記憶に苦しめられつつも未来を向いて進もうとする自己の決意を揺るぎなく表明する第3楽章。森口先生は「30回くらい聴けば良い曲に思える」とおっしゃってましたが、実際曲としては結構晦渋な作品なのでみなさん50回くらいは聴きましょう。イスラメイは弾いているとだんだんとトランス状態に入るのが楽しいので皆さん是非弾きましょう(笑)。

ダヴァーイの皆さんは明るく面白い人ばかりで、初めて参加した小生も暖かく(たぶん)迎えていただけて嬉しかったです。来年のハルサイ!にも参加したいと思います。皆さん本当に有り難うございました。

鬱病が残したもの

f:id:sadaijin_nanigashi:20170723225105j:plain

正式な診断が下されてからは5年ほど、実質的には6年以上前から鬱病を患っている。

5年前のそれは適応障害から鬱病というお決まりのコースで完全な活動不能にしばらく陥ったのだが、色々な治療を経た現在もまだまだ治る気配はない。ジェイゾロフトなどのSSRNは副作用が大きい割にあまり効果がなく、むしろ離脱症状のきつさを考えると服用しない方が良かったのではないかと未だに思うほどの有様だ。

鬱病というのは本当に辛いものだ。露骨に日常生活に直撃するほどの被害が出る場合でなくとも、その病は生活を少しずつ蝕んでゆく。物事を行おうという意欲が回復するのに多くの時間が掛かるし、物事を行っている最中も意欲が著しく減少するので細かいミスをしがちになる。そしてそのミスがさらに意志を打ちひしぐという悪循環に陥る。

そんなこともあり、今日はほぼ一日中寝ていた。家事を少し行い、部屋を掃除するだけで疲労困憊してしまうのだ。本来なら外に出るなりして体を動かした方が健康のためにもいいのだが、ひとつのタスクを行うとしばらく何もしたくないほど気が滅入る。そして寝床で数時間仮眠を取ってようやく次のタスクとなるわけだ。週末は趣味のオーケストラ以外はほとんどこのような回復作業で日が暮れる。

一応食欲や弱い性欲はあるので、寝床で過ごした数日間が一日に感じられて水くらいしか口にしようという気が起きなかった最悪の時期に比べるとまだマシな状態なのかもしれない。だが、それでもこの病が及ぼす生活への悪影響は計り知れないものがある。そして、この病は怪我などのような外的な特徴を有しない分だけ、他人にはまず理解されず、単に気が弱いか頭の回転が鈍いかはたまた魯鈍かと判じられることが多い。各種知能テストからも自分の生まれ持った知能はあまり高くないことは承知しているが……

本来出来ることならば、数年の、最低でも数ヶ月単位のスパンでじっくり静養し、投薬も含めた根本的な治療を行う必要があるのだろうと思う。だが、そんなことをしていては所得が大幅に減るため生活していけないし、何より空白期間が今後の就労に及ぼす悪影響が余りにも大きいことは明々白々たる事実である。奈落の底へとゆっくりと転がり落ちていくこの社会では、一度ルートから外れることは、零落への特急券を手にすることとイコールなのだ。さすがに、それに乗る決断をするには、私には克服するべき恐怖が多い。

それでもある段階を超えてしまったら、全てを解体するフェーズに自らを切り替えなければならないのだろう。それがいつになるのかは分からない。だが、確実にそれはやってくるだろう。覚悟を決めなければならないのだ。

広告を非表示にする

苦情が私宛に来てますよ、Yさん。

まあ色々あり10年くらいの付き合いのある会社の方から、質問のメール。曰く、小生が前職で在籍していた会社が出している商品のある分析に関し、担当者に質問送ったけど反応が鈍くてどうも要領得ないから小生が知ってたら教えてくれとのこと。やー、その質問の内容に該当する部分は今は退職しちゃった元担当者が苦心惨憺の末創案したもので、社内政治で忙殺されてる某氏以外統計に明るい人が一人もいない現状ではそれって答えるの厳しいかもー、ということで小生がコメントしてお答えしました。
もしかすると「担当者」つーのは社内にある営業部門の人間のことなのかもしれないけど、彼らは日がな名刺トランプと社内政治に精を出しているので、尚更回答は得られないかも……。
その会社には今度別件で色々と話しに行くんですが、その時にこの商品の使い方についてのレクチャーもすることになりそうです。あはははは。

何がネイティブアドだ

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】電子シャッターの幕開け(その1) - デジカメ Watch

この漫画の連載、ソニーのフラッグシップレンズ交換式カメラのα9の記事体広告であることはほぼ確定でしょう。キヤノンニコン富士フイルムをそれとなくdisる話が出てきたりするので、メーカーの名前を前面に出しての展開は色々と揉める要因になるからいわゆる「ネイティブアド」という名の出稿主隠匿型記事体広告にしているのだと考えられます。まあシャッター音についてはソニーも過去には自社サウンドエンジニアと協業してミラーユニットを作ったりしてたし同社の最上位レンズはカールツァイス銘ではなくてGMブランドなんだからGレンズとすりゃあいいのにとか色々ツッコミどころはあるのですが、ここでやり方が汚いなあと思うのは、やはりこれが記事体広告であることを隠している(と見てほぼ間違いない)点です。Web広告界隈ではこういうのを「ネイティブアド」とかいう横文字で瞞着するのが大流行しているわけですが、消費者の判断力をある意味で騙すことによって成立するこの手の金稼ぎは、バレたときのブランド価値の毀損とかのリスクを考えるとまともな商売している人間は普通手を出さないもので、焼き畑農業が大好きなWeb広告界隈の有象無象にこそお似合いだなあと思うわけですね。というわけでソニーマーケティングの人はこういうこと止める準備とお詫び文の下書き書いといた方がいいのではないかと思います。

広告を非表示にする